カモシカロングトレイル

スピードハイク・ランニング・登山・キャンプ・山遊び。書き捨て御免。

今更だけどインナーファクトのスキンソックスのレビュー

 

ええと、凄い今更なんですけどインナーファクトのソックスを購入しました。

これだけ評価が高いのになぜ試してみなかったのか、というと、私はメリノウール信者でして。

メリノウールのソックスは皆さんご存じの通り、登山ではほぼ必須のアイテムです。

 

前置き・私はメリノウール信者です

 

メリノウールの特徴として

メリット

  • 高い耐久性
  • 濡れてもさほど落ちない保温性
  • 高い速乾性
  • 防臭効果
  • サラッとした着心地(履き心地)
  • 落ちないクッション性
  • 汚れにくい、泥の色も付かない

デメリット

  • 値段が高い
  • 乾燥肌だと更に乾燥しやすい
  • ソックスはいつまでもグショグショしがちでトラブルになる
  • 速乾性は化学繊維に及ばない物が多い
  • 虫食いが発生する

 

という事が言えます。

特に雨に濡れるケースではメリノウールのインナーさえあれば停滞しても冷えづらいので、登山には超が付くほどオススメなんです。

因みに私の夏季のザックの中には必ずメリノウールのロングシャツとタイツを入れています。これに雨具上下を合わせればまず低体温は避けられるし、トレランスタイルでも持っていける程度の軽さですから、さほど負担にもならない。

 

そういうわけで、メリノウールのソックス以外に購入する必要性はいままで感じませんでした。

そのあたりは過去にも沢山書いていますが、

ultratrail.hatenablog.com

ultratrail.hatenablog.com

ultratrail.hatenablog.com

ultratrail.hatenablog.com

ultratrail.hatenablog.com

 

メリノウールソックス選択においての私の結論は

 

コスパ・・・コストコメリノウールソックス

性能・・・ダーンタフ

 

 

です。

ちなみにコストコのメリノウールソックスの耐久性もでら高いです。

 

インナーファクトのスキンソックスを買ってみたよ

そんなメリノウール厨の私なので、インナーファクトさんにはお世話になってるのに

 

ultratrail.hatenablog.com

 

今まで買った事がなかったのです。

失礼。というか不敬。失礼すぎて住職も務める代表の首藤さんも怒るかもしれない。

 

いや、住職は務めてなかったごめんなさい。

 

 

しかし今回、とあるセルフチャレンジに使う為に購入してみました。

いや、チャレンジ自体は雷雨予報で中止しましたけどね・・。

 やっぱりメリノウールソックスだと、靴の中に保水しがちで、夏は水気と温度が高くなってマメなどの足のトラブルを誘発するのは気になっていたので。インナーファクトのソックスに頼ってみる事にしたのです。

インナーファクトについて

インナーファクトがなんぞや、という方はこちらのブログをご参照ください。

 

皆さんご存じ、走るサイコパスのハダさんのブログ。これが一番わかりやすいよ。

 

ということで、私の使用レビュー。

スキンソックス(五本指)のレビュー

着用感


f:id:ultratrail:20210724091004j:image

手触りや肌触り、よいです。フィット感も良好、というか素晴らしい。

私は26.5cmで幅広の足型ですが、今まで履いた、どのソックスよりも好きなフィット感。

スキンというだけあってぴったりとしているし、肌感覚も落ちない感じ。かなり薄く、破れたりしないかと心配なくらい。

ただ、スキンは着用感と触覚が大事なのでこれは最高なんですが、もう一つ大事な脱着の手早さが落ちるかもしれない。

脱着に手間取る。特に、使用後の濡れた状態だと脱着に手間取りました。

別に困りはしないんですが、やっぱりカッコよく、いつ付けたか分からないくらいに早く。脱ぐときも、さっと脱ぎたいですもんね。

男の嗜みです。

 

走ってみて

走ってみて思ったのが、まず、薄い。うすうすです。極薄。アーチサポートとかはないのですが、逆にそれが締め付け感も無くて良い感じ。

履いて早々に藪漕ぎでびしょびしょになったんですが、不快感無し。

地面を捉える感覚も、今までの靴下で一番良い。

今回はソックスのテストも兼ねているのでワセリンもプロテクトj1も無しなんですが、全然トラブルなしで走り終えました。

縫い目もほぼ感じない。
f:id:ultratrail:20210724091050j:image

このあこのあたりもしっかり作られている。お値段以上です。こっちはホントに。

 

スキンソックスの使用感まとめ

今回の使用環境

御嶽山4合目より山頂往復、累積標高2000M、走行距離20km、ザック積載8kg、靴はアシックスのゲルフジトラブーコプロ、藪漕ぎで腰下ビショビショからの6時間走。

 

メリット

  • 濡れても不快感少な目、そしてすぐ乾く
  • 吸水性も高いからか、足がかなりドライに保たれる
  • フィット感が高いのに縫い目の違和感も感じにくい
  • 単純に軽い

デメリット

  • 薄いので靴のフィット感調整に気を遣う
  • 値段が高い
  • 保温性はかなり低い
  • 汚れが落ちにくい

 

以上の事から、ランニングやトレランには私は超オススメだな、と思いました。

実際に使ってみて、足のトラブルは皆無だったし、下りで踏ん張りやすかったので爪のダメージも少なかったです。

ただ、本当にちゃんと靴をフィットさせないと、濡れていない状態だと滑りやすいので、逆に下りで爪が死ぬかもしれない。

 

ほぼ唯一の欠点として、汚れやすい。そして落ちにくい。

と言っても綿の靴下と同程度なんですが、メリノウールと比べるとそこは面倒かも。


f:id:ultratrail:20210724091603j:image

 洗濯・乾燥にポイッだと落ちない。泥汚れは手洗い必須かも

 

あと、秋口とか冬はやっぱり濡れても保温性の高いメリノウールが安心なのと、停滞した時の為に私なら軽めのメリノウールソックスを予備で持っていくと思う。まあ予備のソックスはいまでも持っていくので変わりありませんが。

 

公式ソックスの他にも様々な良質なアイテムを扱っているので、公式サイトを覗いてみて下さい。