カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

トレランに若者がいない。日本にもいないけど。

漏らした瞬間、スポティファイから流れていたのはGLAYのBELOVEDでしたこんにちは。

 

もういい。オレはわすれたんだ、あの件は。

この数日でフォロワーさん・・・この言い方偉そうでなんか嫌いだ。

フォローしてくれている方が200人くらい増えました。

 

この200名の方にとっては多分95%くらい「うんこの人」でしょう。

彼らの認識を変えるには、いつものように「真面目で教養深く、良識に富んだ記事」を書かねばならないのです。

あ、前回の「う〇こ騒動」でアクセス数がとんでもない事になりました。

それなのにアドセンスのクソ野郎・・・クソは私だ。

とにかくアドセンス様が広告単価を1円とかにしやがるから、むしろいつもよりも広告収入が低いという最低な事態になっています。

 

だから皆さんから私のパンツ代を徴収する為、この記事には楽天のターゲティング広告を入れています。

これは、皆さんの興味がある物を表示するものなので、あしからず。

今回の件でも本当に思いましたが、トレランおじさん、トレランお姉さんと戯れるのは楽しいです。

彼らは社会的経験も知識も豊富で、センスがあり、コミュニケーションも上手。

ネットコミュニティ第一世代でもあるから、SNSとの付き合い方も上手だし、ネット上での他者との距離の詰め方、取り方も、おじさん同士であるから、だいたいが心地よい。

 

 

しかし。

トレランの大会、年齢層高い問題。

原因はいろいろとあると思います。

学生のサークルが少ない事もありますし、そもそもフルマラソンを超えるようなエンデュランス系スポーツは年を取ってからも強いので、若いうちはフルマラソンくらいの距離を楽しみたかったり。

以前紹介したように、都会のランニングサークルとかは若い子多いですしね。

 

トレランに若い子が少ない原因、一番の障壁は、お金だと思っています。

若者の車離、若者のPC離れ、若者の結婚式離れ、若者の・・・トレラン離れ。

全部、一番の原因はお金じゃないですか?

トレランはそもそも最初から人気ないのか、若者には。

職場の、元長距離アスリートの若い子を誘ってみましたが、お金の話を始めると、急にドン引きされました。

ランで山に入れる最低限の用具一式3万円くらい。これはいいです。

レース参加費用、短めのレースで一万円。宿泊必須で一万円。高速代とガソリン代で1万円。合計3万円。

 

今のトレランが、20代の独身の子がこの3万円を払いたいと思えるほど魅力的なイベントか。

 

若者がいなくなった町、会社、業界は衰退の一途を辿るのは明らかですが、トレランはそもそもスタート地点からして壮年~中高年が多いスポーツですから、若者が増えないとまずいと思うのは気のせいでしょうか?

 

先日、トレランにちょっと似た、某競技のインカレの大会が近隣の市町村であって、娘たちと見に行ってきました。

 

日本中の大学から、大小のサークル、部が大型バスやハイイエースなんかに乗ってやってきていました。

物凄い活気があった。楽しそうでしたし、輝いていた。

その競技、トレランよりもちょっと難しい代わりに、参加費なんかは安いんですよ。

それに、同じ大学の学生みんなで貸し切りのバスとかで移動してきているので、交通費も安い。

 

でも、今回、若者が集まったのは、お金だけじゃない。

やはり一つは学生日本一を決める大会だという事。

そしてもう一つは、修学旅行っぽい、という事ではないでしょうか。

 

同じ趣味を持った、同年代の男女で泊まりで遊びに行く。

最高じゃん?

だから、もうあまり人気の無いトレランイベントも、東京で男女集めて、バスに詰め込んで、同じ旅館に突っ込めば突っ込むわけですよ。

そしたら少子化問題も解決するじゃないですか?

とにかく

  1. 僻地でトレラン大会開催
  2. 都会から安価にバスツアー(バスの色はピンク。よこに「あいのり」と書く)
  3. 目的地に着くまでは隣同士は知らない男女。強制的に「あーん」しあったりするイベント有り
  4. レースはガチ
  5. レース後はねるとんパーティー。後泊は部屋はペアになったカップルから早い者勝ちで部屋に入っていくシステム

 

こんな感じにすれば結構参加者増えそうじゃん?

楽しそう。

 

おじさんも参加したい。

でも参加したら

「プー、クスクスクス・・・」

「なにあのオッサン・・・」

「なんでここにいるの・・?」

「あいつうんこ漏らしてるよwww」

 

とか言われるだろうから我慢しておく。

 

とにかく、「若い子がいないと気楽でいいや!」なんて言っていると、限界集落になって、「助けて!」って言っても誰も助けてくれなくなるから、本当に考えた方が良いと思います。

 

ultratrail.hatenablog.com

ultratrail.hatenablog.com

ultratrail.hatenablog.com

ultratrail.hatenablog.com