カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

昨今のトレイルランニング文化全体についての意見

トレイルランニング。

素晴らしい文化ですね。

文化であり、スポーツです。

 

いわゆる、山岳スポ―ツです。

私は、この山岳スポーツの未来に、非常に期待しています。

トレラン、ですか。

このトレラン、という物を考えた時、まだまだ歴史が浅いな、と思うと同時に、積み重ねてきたものを感じるわけです、関係者の皆様の。

f:id:ultratrail:20190919192609j:plain

でもね、やはり、色々な問題が有るわけです。軋轢、と申しますか。

そういう軋轢を、私は無くしていきたいっ!

 

トレランという物は、全力で走る。

山をね、全力で走るんです。

全力で、力強く、走っているんです。

 

だから、トレランという文化も、全力で走らなければならないんです!

 

ただ、人は命令されたり、お金だけで動くんじゃないんです。

思いが、人の心が重要なんです。

 

だから言いたい!

 

私は、皆さまの心が、トレランを良くしていきたい、と思う限り、私も良くしていく努力をしていきたいと、そう、私は思っているんです!

 

そんな中で、やはり問題は、遭難や、事故などです。

今まで、トレイルランニング協会やレースの運営者の皆さん、彼らは努力はしてくれているんだけれども、力が及ばない部分もあった。

じゃあどうするか?どうするか、といっても、やはり限りがあるんです、今の力では。

 

じゃあこのままでいいのか、絶対よくない!良くないんです、このままでは。

どうするか?

 

やはり政治なんです!政治の力なんです!さらに言えば、皆様の後押しなんです!

皆様の後押しがあってこそ、政治家が動き、国が動き、トレランが動くんです!

 

トレランという素晴らしい文化。走るの、私も好きです。

いいですよね、走るの。

私もね、忘れたいことが有る時、やっぱりね、走ったりするんです。

妻のねクリト・・クリステル。彼女も走るんです、ジムで。

だからね、我々夫婦、走る人の気持ちわかるんです!

分かるんですよ、皆さんの気持ちが!痛いほどわかるんです!

しかしっ!分からない人たちもいる!

野党の皆さん、分かりますか?枝野さんが山を走れますか?玉木さんが山を走れますか?走れない!断言っできるっ!

山を走れるのは自民党しかないんです!

f:id:ultratrail:20190919192623j:plain

 

私もね、時々、山を走る夢を見るんです。

 自然の中で、鳥の囀りを聞き、川のせせらぎに耳を傾けて、みんなと一列に手をつないで、トレイルを走る、そういう夢をみるんです。

皆さん、私と一緒に夢を見ようじゃないですか!