カモシカロングトレイル

スピードハイク・ランニング・登山・キャンプ・山遊び。書き捨て御免。

子供靴にナイキフレックスランナーキッズが超オススメだった。

f:id:ultratrail:20220312063532p:plain



今まで何十足と子供靴を買ってきたわけですが、終着点はナイキのエアフリーでした、という話を書きたいと思います。

今までも散々悩んできた・・。

過去にも色々と記事にして書きました。

ultratrail.hatenablog.com

ultratrail.hatenablog.com

ultratrail.hatenablog.com

結構悩んできた。

 

最初騙された、というか信じていたのが、自称脚に詳しい整体師とか自称シューフィッターみたいな人の中で、主流派だった「しっかりとした靴を子供に履かせる」みたいな主張。

  • アッパーはしっかりと足にフィットするものを選ぶ
  • かかとの部分(ヒールカップ)のフィットする、丈夫な作りの物を履く
  • ソールは硬いが指の付け根で曲がる物を

こういう、強くて丈夫で、みたいな靴を履かせよう、みたいな意見が、日本の「自称子供靴のプロ」には未だに主流な気がします。

 

しかし、自分が走るようになってから、自分でスポーツをロクにしない靴のプロ、みたいなことに違和感を感じるようになりました。

 

ちなみに、私が子供の頃、私の地元あたりでは「子供は足を鍛える為に裸足や草履で過ごさせる」事が良いとされていました。

そういう事なので、「ゴム草履」と呼ばれるサンダルを夏はみんな履いていました。

 

[ロキシー] ビーチサンダル VIVA IV レディース BLK 23.0 cm

こんなの。

転向してきた子や親は「こんなので大丈夫!?」と最初は思うんですが、すぐに慣れてこれで走れるしサッカーも出来るようになるんですよ・・。

 

話が逸れました。

で、色々と悩んでいたのは過去記事の通りなんですが。色々と調べていて、世界ではどうやら子供靴に対する考えも変わってきたようです。

現時点で信じている子供靴の選び方

世界的にも子供靴ってこれまで、どれだけ足にフィットさせるか、アーチをサポートしてオーバープロネーションやアンダープロネーションを修正するソールで・・みたいなのがウリの靴が多かったんです。

ニューバランスの「足が疲れない靴」が人気だったのもそうですね。

 

でも、それが、特に幼児期の靴は、最近「とにかく柔らかく作って足の動きを阻害しない靴」にトレンドが変わってきています。

 

アディダスのTENSAURとか

[アディダス] スニーカー キッズ TENSAUR 男の子 女の子 17~24.5cm GVI33 コアブラック/フットウェアホワイト/コアブラック(EG4128) 23.0 cm

 

アシックスのアイダホとか。

[アシックス スクスク] ベビーシューズ アイダホベビーKT-ES 【Amazon.co.jp限定カラーあり】1144A031/1144A082/1144A146/TUB171 ピンク/ホワイト_082 14.5 cm

 

自分の息子が1歳~ヨチヨチ、歩き、走る、という過程を過ごしていくのを見てきて。3人目にしてようやくちゃんとわかった気がするんですが、この時期の子供って、「歩くときに膝を上げられない」んですよね。

ペンギンみたいに歩く。

更に、地面の凹凸に足の動きを修正できていない。

だから、ソールが硬いと躓く原因になる。幼児期の靴のソールはとにかく薄ければ薄いほど良いし、柔らかければ柔らかいほど良いと思ってます。

その方が歩きやすいだけじゃなく、感覚も成長しやすいように思いますね。

試しに裸足で外を歩かせてみると、ちゃんと砂利みたいな痛い場所を避けるようになるし、平らなところを選ぶようになります。

そういう知恵は見についていくんですね、すぐに。凄い。

 

で、これって幼児期だけじゃなく、やっぱり子供の足の成長にはより裸足に近い方が良いと思うようになったんです。

特に、自分がワラーチとかウォーターシューズで走って得られる成長を知ってから、より強くそう思うようになりました。

 

で、そうやって考えてた結果。選んだのがナイキのフレックスランナーです。

 

ナイキのフレックスランナーが超オススメ

 

ナイキのフレックスランナーの特徴は

  • シューレース無しでフィットするアッパー
  • 速乾性の高い素材
  • 縦横無尽に曲がり、地面の感覚が得やすい厚さのソール

です。

ランナーの中にはあれ?と思った方もいると思いますが、そうです、フリーシリーズそっくりですね。

フリーシリーズの子供靴と言えば、ダイナモが有名ですし恐らくトップシェアです。

 

これ、一部の親からは「靴の中で足が動く」とか、「荒れた地面で痛そう」とか批判的な事も良く言われます。

でも、あくまで私の実感ですが、「ジョグ程度の早さまでだったら靴の中で足が動くのは歩き方・走り方が悪い」と思うんです。

平地なのに靴の中で足が動くような、その歩き方は直さないとダメだと思う。

とにかくダイナモは走りやすそう、歩きやすそう、脱ぎ履きしやすい、すぐ乾く、洗濯も楽・・。と、いい所ばかり。

ただ、これ、16cmまでしかサイズないんです、幼児靴なので。

それ以降の子供用の靴にはフリーはなくなるんです。

 

が!このナイキフレックスランナー。

フリーの名こそ冠していませんが、実質大人用のナイキフリーランとよく似ています。

余談ですが、ナイキのキッズ用のランニングシューズは厚底ばかりになっていて、まったく良くないと思いますね・・・。

私は、よく走るこどもこそ、フリー系の靴が良いと思うんですが。

 

という事で、買ってみると、素晴らしいです。

フレックスランナー キッズ レビュー

よく曲がるソール。

 

適度な地面情報がわかる厚さ。


f:id:ultratrail:20220312062718j:image

乾きやすいアッパー。


f:id:ultratrail:20220312062727j:image

脱ぎ履きもホント楽!

 

あまりにも良すぎて、子供たちそれぞれ用に、3足買ってしまいました。


f:id:ultratrail:20220312062740j:image

サイズ感はほぼ数値そのままですね。

ただ、この靴の「足を育てる」という特性から考えると、小さ目のサイズで履くのは足の成長を阻害しますから、ジャストフィット、というのは子供靴では難しいでしょうから、大き目で履いていくのがベストかな、と思います。

 

読者の方は知っていると思いますが、私はアシックス、次にアディダスが好きで、ナイキは嫌いなんです。

 

それでもこれは子供靴の中で圧倒的に良い。

特に、歩く、走る機会の減っている昨今、少ない時間でより足を成長させるには、本当に良い靴だと思います。

でも、公式サイトのキッズのランニングシューズにこいつが入っていなくて、厚底ばかり、というのは本当になんか、ナイキらしいというか・・・。

カッコよい、売れ筋の厚底さえ売っておけばよい、的な、私の大嫌いなナイキらしさが出ていますねw

そしてまた、そういう超商業主義な(あたりまえだけどね)組織の中で、フリーランシリーズを作る考える売る人間がいる会社・・というのは本当に驚異的です。

頑張れミズノアシックス。

 

そして自分用に狙っているのがコレ・・!

トレイル用のナイキフリーラン、テラビスタ。

想像するとワクワクしてきます!

 

あとロード用のフリーランを普段用に欲しい・・。

 

 

 

お子さんにフレックスランナー、超オススメです。

これは他に代えられない!