カモシカロングトレイル

スピードハイク・ランニング・登山・キャンプ・山遊び。書き捨て御免。

今回のマラソンレースのKPT

備忘録です。自分用。

 

Keep

臨機応変な防寒対策

今回はノースリーブの下にハンドウォーマー、グローブ、3mmストライダープロという出で立ちで参加。

BUFFをこっそり腹巻にしていました。

 

 

暑ければ簡単に脱いでBUFF腹巻の中に入れていけるのでコレが良かった。

あと、メタスピードスカイを履くと何故かつま先が冷え切って麻痺したりするので、つま先にアルミ蒸着シートを切って入れていました。これも良好。

Idealeben 5枚セット サバイバルシート160*210cm エマージェンシーシート 軽量 コンパクト 災害時の防寒・保温 遮光性がある 防寒シート 防災グッズ 登山 アウトドア

こういうやつ。

このあたりの防寒暴風の勘所は稜線の強風のお陰です。

ネガティブスプリットを狙ったペース配分

ペース配分は良かった。

脚を攣るまでは終始呼吸も楽、余裕を持てていたので、やはり突っ込むよりもタイムは伸びやすい気がした。

集団走るに慣れていないのも、ペースを楽に感じる要因だったと思う。

普段、Mペース走や閾値走は600Mの周回で3Mアップダウンのあるコースでやる事が多いので、今回のマラソンがフラットなのも、かなり楽に感じ・・ずーーっと下っている錯覚で走っていた。

次はもっと走力上げてる予定だけど、今と同じと仮定したら、やっぱりサブ3狙いなら30キロまで4分10秒、そこからキロヨン10キロ、最後の2キロを出し切る・・みたいな今回と同じやり方で行こう。

充分なスピード

このスピードを維持したい、というか向上はしたい。

とりあえず5000M17分切りを目指すにあたって

1000M3:00

1500M4:30

3000M10:00

を順に追っていくつもり。

無理だって?それはやってみなきゃわからない。

Problem

筋持久力の欠如

もうこれに尽きるんだけど、忙しすぎて土日以外に練習時間が取れないことや家族と自分の体調不良で9,10月がろくに走れなかった事など、走り込み期を作れなかったのと、ロング走・・とくに3時間走を一度しかしていない、というのが悪かった。

結果、32キロ過ぎからの足の攣りにつながったと思う。

 

減量失敗

年末年始で食べ過ぎた・・・。

 

体調不良

脚が折れてた。あと片眼もやられてたし、心臓も片方止まってた。それが無ければサブスリーできてたと思う。

 

Try

3時間走の増加

もう、これに尽きる。

30キロ走はコンスタントに入れていたんだけど、それも2時間半程度。

月に2回くらい3時間走やLSDを入れていたら違ったかもしれない。

あとは走り込み期にガッツリ3か月くらい毎週しっかりロング走を入れるのも必要か。

とはいえ、現状の暇なしが続くとそれは不可能な気がするけど・・。

 

計画的な減量計画を実行

私の走る上でのベスト体重は58キロ。

普段は63~65キロ。

今回は63キロ。

正月明けから減量に励んだけど、増えた分は戻らず。これをどうにかできていたら攣らなかったかもしれない。

しかしそれも含めてレース。そこも楽しいんですよね!くやしいけど。

次回はピッタリ合わせたい。

それに、確証はないけれど、トレイルレースでも1か月かけてちゃんと減量すると、むしろ後半に調子がよくなるから、脂質代謝かなんかが良くなってパワーがみなぎっちゃってるんだと思う。

 

スピードアップ

上にも書いたけど、5000M17分切りを目指して。それが出来てロング耐性も付けば、一気に飛躍出来るはず。

 

もうすぐに中止する都市型マラソンみたいなクソレースには出ない。単純にタイムだけ測って貰えて、ライバルたちが走っていればそれでいいので、またレースに出たいと思います。