カモシカロングトレイル

スピードハイク・ランニング・登山・キャンプ・山遊び。書き捨て御免。

ノーマスクで走っていたら文句言われたぜ<そして8月のサマリー>

f:id:ultratrail:20210904102349p:plain





 

 

忙しい

引き続きお給料を頂くお仕事が忙しい。

忙しい上にまあ激務なので、大げさじゃなく、毎日ハーフマラソン走ったくらいの疲労感がある。

 

そんな中、通勤ランを中心になんとか走行距離は最低限達成。

細かく書く気力がないけど、毎週の週中のスピード練習と、土日の中強度のスピード練習&ロング走のBtoBは欠かさず。

ロング走・・というかマラニックだけど。f:id:ultratrail:20210904092532j:image

といっても、今月はほとんどすべての練習でサブスリーペースの目標ペースを維持出来ず。

 

ヤッソ400とsuunto9のループと精度

一度だけ陸上トラックに行けた日が有ったので、超久しぶりにヤッソ400をサブスリーペースでやったら7本で中断。

いや、多分こなせたけど疲労が後惹きそうだったので(言い訳)。

大事なのはその日の練習でなくて、長い目で見た達成度だから。

最後400Mレペを2本(75秒)入れ終了。

 

そう、ここで初めてsuunto9の機能、suunto+の「ループ」という機能を使ってみたんですが、これが大失敗!

 

いや、このループの精度、めちゃくちゃ高くて、誤差1Mも発生しないくらいでラップを取ってくれるんですが、なんとこれ、手動ラップとして保存されます。
f:id:ultratrail:20210904094757j:image

だから毎回自分で押すラップの直前にループがラップ取りやがるから、重複してこんな訳の分からないことに・・・。

で、前も言いましたが、最近GPSが暴れまくって距離がちゃんと取れないので、悲惨なログにwww

 

正直、suuntoBAROで計測する高低差の方がマシな精度になってきた・・

BAROだと常に誤差あっても10Mくらいなので。

 

と思ったら、なんとなく理由が分かった。

競技場に行く日ってだいたい土のグラウンドが使えない日なんですが、それって土砂降りの日なんですよね。

どうも雨とか厚い雲があると精度悪くなるらしく、そして確かに他のログ見てみるとそんな気がします。

 

んまあでも、それにしても春くらいからなんか精度悪い気がする。

私は体感的なペースとか大事にするからどうでもいいけど、気持ちがいいものではないです。

 

で、今月は山は一回も行かずに終わりました。

ちゃんとした追い込んだ練習も一度も出来ていない気がするし。

まあどうせ秋の大会も中止になる、というか緊急事態宣言も出ている中では家族の理解も得られないので、どちらにしろ厳しい。

 

で、本題。

ノーマスクで走ってたら文句言われたぜ

我が県でも緊急事態宣言が出たんですよ。はい。

だからね。ランニングコースのある遊歩道に、夜9時頃、行ったんです。

その道、道幅4Mくらいありますからね。端と端ですれ違えるじゃなないですか。

で、みんなそうするんですよ、マスク無でもマスク有でも。

まあそれだけ距離あれば安心ですよね。

屋外で4M離れていて感染するなら、もう人類みんな感染してるでしょうし。

 

そしたらですよ。前方から。ウォーキングポールを両手に持った集団がやってくるんです。

8~10人くらい。道幅いっぱいに広がって。おしゃべりに夢中だったのか、直前までこちらには気付かず、私はペースダウンしてゆっくりすれ違いました。

まあみなさんマスクしていましたけどね。

集まっておしゃべりしてたら本末転倒というか。まあいいですけど。

私は屋外のすれ違いの一瞬で感染するとは思っていないので。

 

でね、終端で折り返して。またすれ違ったんです。道幅いっぱいに広がったまま。

そしたらね、その集団のおじいさんのウチの一人が、後ろから大きな声でこう言うんですよ。

「あのランナーマスクしてないぞ(怒)」。

 

え????えええ????????

 

マジかよ・・・。

 

まあ皆さんがどう思うかは皆さん次第ですけど。

なんというか、ほんと、マスクが免罪符みたいになっていませんかねえ?

 

コンドームしてセックスすればセックスした事にはならない的なお考えでしょうか。

 

いや、私はね?

たとえお互い全裸でも、距離保ってすれ違うだけならセックスした事にはならないと思う派なので。相容れませんね。

 

とまあ思った次第です。

 

ただ、まあそれとは別に。「危険だな」と思う場所に出入りする為にN95マスク購入しようかな、と思っています。

ハプニングバーとか。やっぱ感染怖いから。