カモシカロングトレイル

スピードハイク・ランニング・登山・キャンプ・山遊び。書き捨て御免。

信越五岳トレイルランニングレースの中止とフジロックの開催

信越五岳トレイルランニングレースの中止が発表されました。


私も申し込んでいて払い込みの先着順で落とされたのは以前ブログでも書きましたが

 

 

やはり開催は無理でしたね。

岐阜県や長野県みたいな医療の拠点、人材がそもそも圧倒的に少ない田舎は、正直この8月からのデルタ株の大流行に恐れ慄いていますし、仕方ないと思います。

 

もしこれで開催して大規模なクラスタが発生、なんてことになったら、ポツポツと開催出来ている他のアウトドア系のスポーツイベントが全て開催不可能になるでしょうし。

 

とはいえ、お金を出していない身だから冷静に言えるのであって、もし自分が参加予定だったら「なんでやねんクソが!無理にでもやれよ!」って言ってたと思うぜ。

 

それ考えるとコンビニ支払いにして払い込み競争に負けた私が最終的には勝者になりましたねwwwww参加予定の人たちザマアwwwww

 

って思ったら来年の優先参加権付与されるのかよ!

来年も私は出られないじゃん?!

 

結局私が敗者でした。

 

まあいいんですが。

もうトレイルのレース自体にそんなに魅力を感じなくなってきたし。

 

というか、レースどころか普通に山行しようとしても、大雨による被害で、登山道や登山道までの林道の崩落なんかのせいで、かなり情報を集めてしっかり予定組まないと山に入れない日々が続きそうです。

一昨年も去年も同じような状況で、このままだと数年内に不人気低山は人が入れない山が続出すると思います。

 

このままだと逆に「どうかトレイルの大会を開いてこの山を生き返らしてくれ!」みたいに言われるようになるかも知れませんね。

 

まあそれもこのクソったれコロナ禍が終われば、の話でしょうけど。

 

でも数年後、想像していたよりもずっと深刻な未来が待ってたりしてね、人類に。

 

そんな中、フジロックが開催されているわけなんですが。

生配信で観ていますが、ケン・ヨコヤマのステージでさえ、観客はソーシャルディスタンスを守っているし、かなりお行儀の良いイベントになってます。

フランスでワクチンパスポート提示義務に反対するデモで10万人がデモ(マスクもせず密集して)とかのニュースを見たあとにこれを観ると、なんとも日本人の質(たち)の良さというか、扱いやすさというのを感じます。

 

しかしこのイベント、どれくらいの感染拡大を見込んで開催しているんでしょうかね?

まさかイベントでの感染者ゼロ、ってことはありえなさそうですけど、十数名程度ならまあいいや、くらいなんでしょうか。

 

今後、ワクチン接種も進んでいけば多少の感染も覚悟しながらの経済振興に向かうとは思うんですが、その試験としては良い題材になりそうです。

 

逆に、「感染は一件も確認出来ませんでした」となったら、一気に各地のトレイルレースの開催中止が無くなりそうですね。

 

そもそも、アウトドアで健康な人間集めてソーシャルディスタンス取って行うイベントが通勤電車よりも危険とはどうしても思えないんですよね、私。

 

必要以上に危険を煽るメディアのせいで、ちゃんと数字を追わずに恐怖心ばかり先立ってはいないでしょーか、と。

 

オリンピックに取材に来て「東京オリンピックはコロナを拡散する」とか記事にしながら「自由に出歩かせろ」とキレる海外メディア。

毎日不安を煽りながら自分たちは飲み歩く国内メディア。

 

そのせいで疑心暗鬼になる田舎のご老人たち。

 

なんだかなあ。

 

ソーシャルディスタンス取ってれば感染しないんですよね?

 

自治体もイベントは選り分けて、感染の危険度が低いものだけ開催すればいいのに。

 

このままいくと、もう私は信越五岳に参加することはなさそうですが、俺たちのヒロキが育てたトレイルは、一度は走りに行きたいと思います。

 

でも、今はホントに田舎の住民の恐怖心は凄いので。

コロナよりも、「コロナに感染すると人にうつして他人に迷惑をかけてしまう」事に対する恐怖心、ですが。

 

なんかオリンピック終わって、暗い話ばっかですね。

9月はどこか長い山をやろう。

 

おしまい。