カモシカロングトレイル

スピードハイク・ランニング・登山・キャンプ・山遊び。書き捨て御免。

アシックス メタスピードスカイ開封レビュー

 

メタスピードスカイの見た目詳細レビュー

メタスピードスカイ、ヤバイです。

まず見た目。

f:id:ultratrail:20210403061823j:plain

ヤバイ。

アシックスっぽくないヤバさ。

カラーリングがグラデーションかかっていてそこはヤバいけど、全体的には結構ヤバいです。

 

一番ヤバイのはここ。

f:id:ultratrail:20210403062751j:plain

TOKYOって文字が最高にダ・・ヤバイです。

まあでも全体のデザインとしてはヤバイと思います。

 

メタスピートスカイの軽さ、実測!

持ってみて、軽さもヤバい!

かなりヤバイですね。

公称199gだそうですが、私のは26.5cmで左183g,右179gで結構ヤバイです。

実測だとヴェイパーフライネクストが26.5cmで185g前後のヤバイ重量だそうですから、それよりも軽い、ヤバイ、という事ですね。

 

ソールを眺めてみる・・・!

f:id:ultratrail:20210403061822j:plain

おや?なんか既視感が・・・気のせいか。

カカトはアウトソール無しでヤバ目。

完全にフォアフットで行かせようとしている。ヤバい。

ソール厚さはつま先28cm、踵が33cmでドロップ差は5cm。

アシックスとしてはかなりフラットな作り。

とはいえ、履いてみると、つま先が上がっていて、硬いカーボンプレートは湾曲しているので、自然と前傾姿勢になる。

つまり、前傾姿勢をドロップ差ではなくカーボンプレートの形状で達成できている。

しかもつま先が厚いものだから、単純にそれだけでストライドが伸びる。

その上、はんぱ・・いや、ヤバいです。

前傾でヤバイ。

 

ソールで一番ヤバいのがこれ。

f:id:ultratrail:20210402215727j:plain

透かしでa

よかった。超速とか魔速とかとかじゃなくて。

すぐ虎走とか入れたがるからアシックスはヤバイ。

 

メタスピードのアウトソール良いよ

で、アウトソールはアシックスグリップ採用なんです。

メタライドとかトレランシューズでも採用されている、耐久性とグリップ性能をかなり高次元に達成している素材。

以前書いたゲルフジトラブーコのレビューにも書いた。

 

 

これは多分、ダントツで世界一だと思う。

開けた瞬間から空気中の埃が付くほどのグリップ。触るとネチャネチャ。

そしてさほど減らない。

ただしこれ、真夏の炎天下のアスファルトではやっぱり結構減るので、それだけは注意です、このアウトソールでは薄いから余計心ぱ・・ヤバイ。

とにかくヤバイです。

f:id:ultratrail:20210403061907j:plain

これだけ薄いからヤバイですよ。

で、肝心のミッドソールとカーボンね。

搭載されたカーボンとミッドソール凄い

まずミッドソール。

フライトフォームブラストターボというクソ長い名前がヤバイ。

見た目はフリーズドライしたお餅みたいでヤバイです。

もしかしたらお餅かも。誰かお湯に漬けてみて。

戻ったりしたらヤバくない?

f:id:ultratrail:20210403061726j:plain

とにかくスカスカで軽くて柔らかい感じでヤバイ。

しかし凄い反発。

触った感じはヴェイパーフライネクストのズームエックス(だっけ?)の反発と同等以上な感じでヤバイ。

ただ、あちらの素材にある「嫌なシワ」が全くない。

素材の美しさとしてはまったくもってこっちの方が上。

日本の素材、という感じです。

こういう高分子系の塊の素材って、どうしても毎回製造条件が変わる上に、絶対にムラになるんですよね。

そのムラがああいうシワになったり、軽さが違ったり「当たりはずれ」になるんですが、これに関しては日本企業らしい均一性を感じます。

 

歩留まりわるいんだろーな・・・。

は、何喋ってるんだわたしは。

とにかくヤバイですね。

 

カーボンプレートは、かなり硬いです。力いっぱい押して、踏んで、やっと曲がる感じ。これは走ってみないとヤバさはわからない。

 

アッパー拝見!

アッパー素材は硬めのメッシュ。ニット構造なのでかなり伸縮します。

ただ、水を吸わない素材に見受けられるので、メッシュが荒い事もあって、かなり風通しはよさそう。

f:id:ultratrail:20210403061727j:plain

シュータンはペラッペラでヤバイです。

f:id:ultratrail:20210402215728j:plain

ただ、ヒールカウンターはしっかりと包み込む構造、硬さで、ザ・アシックスなフィット感でヤバイです。

私がアシックスを履く理由の99%はここのフィット感のヤバさなので安心。

捨てるわけないと思っていたけれど。

 

という事で走りに行ってきます。

実走のレビューは次回を見てくれよな!