カモシカロングトレイル

スピードハイク・ランニング・登山・キャンプ・山遊び。書き捨て御免。

オークリーのプリズムトレイル、雪山登山に良いかも

凄いことに気づいた。

突然すみません。

オークリーのプリズムトレイルって知っていますか?

以前もトレランに良いよ、って紹介しました。

 

 

 

オークリーのプリズムレンズの機能を簡単にまとめると、

  • 色の波長をコントロールして路面状況が分かりやすくなる
  • とにかく軽い(フレームにもよるけど)
  • 外れにくい(フレームにもよるけど)

とまあ、他のサングラスに対しては、圧倒的な機能性です。

日本ではイマイチですが、世界的にはバカ売れしているそうで、プリズムレンズの種類も増え続けています。

 

で、MTBや登山用のプリズムトレイルは、茶色や緑の色を強く出す事で、路面のコントラストが強く出るようになっています。

 

私もこの2年くらい重宝しています。

登山やトレランにおけるメリットは

  • 滑る場所が判断しやすくなる
  • 踏み跡がよりはっきりとする
  • 明るいレンズなので雪山でも使える

だと思うんです。

 

で、ちょっと話は変わりますが、先月からまた雪山に行き始めました。


f:id:ultratrail:20210302055329j:image

特に先週行った山がツルッツルのテカッテカで、8割くらいはアイゼンが必要、数か所ピッケルないとキツイ、という山で。

その前週はラッセル地獄だったというから、本当に雪山は数日たてば表情が変わるので安心できません。

 

 

 

で、その山行でもオークリーのプリズムトレイルで行ったわけなんですが、明るいレンズなので快適でした。

 

だけじゃなく、とある気づきが。

 

雪が解け始めて、また凍って、みたいなツルツル路面って、しっかり見ると、凍っている場所、滑っている場所ってちょっと色が濃くなっているんですよね。

それが、よりはっきりとわかるんです、プリズムトレイルを付けていると。



f:id:ultratrail:20210302055355j:image
こういう凍った雪。どこが滑るか一瞬ではよくわからない

 

これはかなり大発見。

晴れていると、雪が光を乱反射したりして、よくわからないんですよね、凍っているかどうか。

大丈夫だと思っても、つるっといったりして。

 

これからはこのサングラスさえあれば安心・・なわけない。

わかっていても滑るのが氷です。

下りは(登山靴だけど)走りたかったので、アイゼンしなかったらヤバかったです。

そろそろ歩きでもつるっつるでした。

 

という事で、12本爪アイゼンの優秀さを再認識する登山でした!

 

しかし、オークリーのプリズムトレイルレンズ。

 

ダサいです。

レンズが赤いから。子供の運動会でしていたら、

「〇〇ちゃんのお父さん、なんでそんな変なメガネしているの!?」

「みてみて!〇〇ちゃんのお父さん、変なメガネしてるよ!!」

 

って言われました。それが辛い。

ちょっとした戦隊もののヒーロー感あるもんね。。。

まあでも、見た目を気にしなければオススメです。

 

それか、レーダーロックなら簡単にレンズの交換ができるので、ロード用とトレイル用のレンズを買うのが、見た目的には正解だと思います。

ちなみに、 別にプリズムスノーというレンズもあります。

 

以上!