カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

中華製激安アウトドア商品とアマゾンレビューの戦国時代

おはようございます諸君。

突然ですけど、先日の楽天ベストセラーのフラッシュライト。

 

 

1週間通勤ランの帰りに使ってみましたが・・・。

めっちゃ良いです。

今のところ(約100分使用)電池も切れないし、何より、クソ明るい。

一昔の軽自動車のヘッドライトよりは明るいです。

500M先の森を照らすと、はっきりと物が見えるくらいに明るい。

動画と写真、撮ったけど画像通すと微妙に伝わらないのよね・・。

 

 

調べてみると、全く同じものが違うブランドで世界中で販売されていて、世界中のアマゾンでベストセラーになっている。

最近よくあるタイプの中国製品の売り方です。

 

 

なんで中国製品ってあんなに安いの?

 

中国製の激安アウトドア製品って、一昔前は「悪かろう安かろう」だったのが、今では「不良品は多いが高性能激安(ただし爆発するかも)」みたいになっていますね。

中国の製造業って、日本やドイツの会社が生産設備やノウハウごと、「ドンッ!」って建てた工場の最新設備で作っているので、良い物を作れないはずが無いんです。

実際に日本の会社向けの部品だったり、日本人メーカーのOEM品だったりは、それなりの値段で、安全性も高い、高品質な物を提供していますし。

 

じゃあなんでアマゾンで売ってるものはこんなに安く出来て低品質なんだ、というと、「検査工程を省略している」からなんですね。

検査工程って、日本の製造業の超均質・超低不良率の礎なんですけど、ここにとんでもない手間と人数を掛けているから、コストは高くなります。

昔、中卒の人たちが「金のたまご」と言われていた時代は、大量の女の子たちが田舎から都会の工場へ集団就職し、配属されていたのがこの「検査工程」ですね。

そこで、次から次へと厳しい規格に合わない製品は、不良品として弾いていくわけです、実際には使えても。

日本の女性、厳しいから。・・厳しいから・・。

 

日本だと下請け構造が最初からあって、不良品を出したら賠償しろ、だけじゃなく、報告書を出せ、改善案を出せ、いや修正しろ、などと、賠償金よりもずっと多い手間が掛かるので、現在でも日本の製造業は過度に不良品を嫌い、コストに見合わない検査体制を取っています。

 

中国のメーカーも日本向けに作っている物は、納入先の希望に合わせて、手間と人手をかけてでも検査をするから納入価格は上がってしまう様です。

 

しかし、中国のメーカーが中国人向けに作っている物は違います。

消費文化として、不良品を掴まされたらクレーム入れる。

消費者がクレーム入れたら交換してくれて、更になんかおまけも貰える「やったー、得した!」みたいなのが普通らしいです。

商取引でもそうだと。

10年前に聞いた話だから今は違っているのかも知れませんがね。

 

 だから、アマゾンの中華メーカーは、文句を付けるとすぐに交換返品してくれます。

私の場合、とあるAV機器でクレームを付けたら、返金された上に代替品が送られてきて、その後は新製品のレビュー依頼がずーーーーっと来ています。

商売上手としか言いようがありません。

 

アマゾンの激安アウトドア製品!

しかし、それにしてもアマゾンでは激安のパクリ中華製アウトドア製品が多いです。

むしろ、アマゾンで物を買おうとすると、中国製のばかりが検索に引っかかってきますw

テントにしろ、焚火台にしろ、もはやトップブランドと同じような品質・性能の物を半額以下、下手をすると10分の1とかで売られるわけですから敵いません。

しかも、新製品を作っても、半年後には丸々パクられて普通にアマゾンで売られちゃうわけですからね・・・。

これでは新製品作ろう、なんて気力もなくなっちゃいますよ。

まあ、キャプテンスタッグはそのやり方でここまで売り上げ伸ばしてきましたからね。

日本人も人の事なんて言えませんけど!

10年後、中国メーカーに立ち位置奪われて、消え去るでしょうね。オリジナリティーの無いパクりメーカーなんて。

 

でも・・。パクられる方にも問題がある場合もあると思いますよ。

焚火台とか、日本のメーカーは人気にあぐらをかいて、どう考えてもボッタクリ価格で出していますからね。

例えば、この14000円の本物と。

この3000円のニセモノ。

 

どっちが価格に見合った物作っているのか、という話ですね。

ちなみに材質の値段なんて殆ど変わりませんからね。

 

私はニセモノは買わない主義です。

ですが、本物であってもボッタクリ価格のものはもっと買わない主義です。

ちがうわ、ボッタクリ価格のものは買えないんだお金ないから・・・。

 

アマゾンのレビューでケンカすんなwww

で、この中華製品に席捲されたアマゾンですが。

もはや、たどたどしい日本語の絶賛レビューと、たどたどしい日本語の批判的レビューでの潰しあいになってきていますw

多分、リアルタイムの掲示板の形式を取ったら、中国語でケンカし始めると思います。

あとは、やたら画像を多用した、絶対お金貰ってるだろ、という日本人の丁寧な絶賛レビューwww

こいつには騙された。沢山騙された。

あと企業案件Youtuberね。クソみたいな物を褒め称えやがって・・・。

 

昔はそれなりに頼って今したが、アマゾンのレビューは機能しなくなりました。

やっぱり私は、楽天のレビューを信用して生きていきたいと思います。

 

「まだ届いていないですが、期待を込めて星5つです♪」

 

 

因みに今狙っている焚火台。モチズキのパクリでもないごく普通の物ですが。