カモシカロングトレイル

スピードハイク・ランニング・登山・キャンプ・山遊び。書き捨て御免。

アシックスのトレランシューズ ゲルフジトラブーコプロのレビュー

アシックスのトレイルランニングシューズは、主に以下のラインナップ。

  • GT2000トレイル(289g)
  • ゲルフジトラブーコ8(332g)
  • ゲルフジトラブーコ プロ(270g)
  • ゲルフジトラブーコ ライト(250g)
  • ゲルフジトラブーコ スカイ(221g)

それぞれ簡単に一般的な比較と評価を簡単に紹介しますと。

GT2000トレイル(289g)

ロードのランニングシューズとして、初心者から上級者のジョグまで抜群の人気を誇るGT2000のアウトソールを悪路用に変更したもの。


ゲルフジトラブーコ8(332g)

アシックストレランシューズのフラッグシップモデル。全部入りの、ロングレース、長距離縦走向けモデル。


ゲルフジトラブーコ プロ(270g)

プロテクションとグリップを残しつつ、クッション性などを削って軽量化を図ったモデル。


ゲルフジトラブーコ ライト(250g)

アッパーとソールのプロテクションを削ってさらなる軽量化を求めたモデル。グリップは上記2つと変わらずアシックスグリップなので安心。私調べでは一番人気。


ゲルフジトラブーコ スカイ(221g)

クッション性を更に削り、かつアッパー素材などを見直し、水抜けも改善された新たに追加されたモデル。

 

といったところです。

 

その中でも私が購入したのは、フジトラブーコプロ。

その購入から半年。

そろそろ150キロを越えてきたので、アシックスのゲルフジトラブーコプロのレビューを書きたいと思います。

 

 

フジトラブーコプロのここがいい!

抜群のグリップ力

f:id:ultratrail:20201204215539j:plain

超!グリップ力の高いアシックスグリップを搭載しているので、他に類を見ないほど食いつきます。

岩場やアスファルトの上を走ると、「ネチッ、ネチッ」という音がするほど。

ソールの溝も深いので、ザレ場や泥でもガンガンにグリップしてくれます。

ただ、当然ながら枯れ葉の上ではグリップなど意味がない為、その落差で危険かもしれません。

 

シューレースの着脱が楽

f:id:ultratrail:20201204215533j:plain

ワンタッチでシューレースの着脱が出来て、非常に楽です。また、足首まで伸びた袋状のシュータンが、簡易的なゲイターの役割を果たし、多少は土、砂が入りにくくなっています。

 

高いプロテクション

f:id:ultratrail:20201204215530j:plain

軽さのわりに、アッパーはしっかりと保護されているので、かなりガツガツと踏んでも大丈夫です。耐久性も高いので、安心してガレ場でも使っていけます。

 

突き上げが少ない

 

ガレ場や砂利の林道を走っていても、突き上げをほとんど感じません。しっかりと固いソールで保護されていて、アルプスなどの稜線でも使いやすかったです。

 

ロードも走りやすい!

ソールは固いのに、中足部からはある程度曲がってくれるので、ロードもかなり走りやすいです。とはいえこれはアシックスのトレランシューズ全般に言えるのかも。

ただし、夏のアスファルトの上だと、すぐにソールが溶けてきそうでした。

 

 

ここがイマイチ

水抜けが悪い

水抜け、かなり悪いです。水抜けの超良いinov8に慣れているのも有りますが、これは本当に悪い。ウールの靴下が相性良いですね。

 

フィット感が悪い

クイックシューレースシステムのせいか、アシックスの割にはフィット感は悪い。

シューレースが極細な為、しっかりと締めてもあまり締まらないので、下りはまあまあ微妙な感じです。とはいえ、慣れれば大丈夫ですが。

 

作りが雑

私が買った物がたまたま悪かったのかもしれませんが、作りが雑でした。

内側の縫い目を止めている接着剤が多すぎて皮膚を刺激したり、剥がれちゃダメなところが剥がれていたり。

アシックスのクオリティとしては低いかなー。

 

総合評価

f:id:ultratrail:20201204215523j:plain

日本の山を走るようなシーン、ロード、砂利道、ザレ場ガレ場フカフカトレイル、全ての地面で85点の走りが出来る、そういう靴だと思います。

完成度は超高いです。

最長50kmくらい一度に走りましたが、まあまあダメージも少ないです(真夏だったので熱中症でリタイアしましたが)。

また、グリップがあまりにも良すぎる為、ソールが早く減らないか心配でしたが、150kmくらい走ってもまだほとんど減っていません。

とはいえ、真夏のロードを走っていたらあっという間に減っていきます・・・。

結果として、相当オススメだと思います。

しかしながら、”恐らく”新しく仲間に入ったゲルフジトラブーコスカイが良い気がしています・・・!

私はトレランシューズにはクッション性を求めないので、あんなのが好きです。

じゃあ何故フジトラブーコライトではなく、プロを買ったのか?

理由は一つ、カッコいいから!!です!