カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

老人たちは若者に頭を下げて感謝しろ

先日、登山関連4団体が登山の自粛要請文を公表しました。

別に普段、お世話になっている団体は無いけど・・。

登山者の代表みたいに言われるのは若干の違和感・・・。

 

しかしながらこの連休中も遭難は継続して発生していまして、某山では20代の若者が入山禁止の山に登山中、靴が脱げて凍傷になりかけたため、救助を求めて、遭難の報道をされました。

 

この報道を受けて、ネット上のご老人たちが「最近の若者はルールを守らない」「若い登山者は無謀だ」「自分さえ良ければいいと思っている」などと素晴らしいご意見を発信していらっしゃったのですが、その後、立て続けにご老人たちの遭難者が出たことはどうお考えなんでしょうかね?

って感じでFacebookで絡んでみたんですが、ご老人に無視されました

 

ってことで思ったことが標題。

 

だってさ。

若者はみんな収入は減るし子育て世帯は負担激増だしそのカバーをしたりする独身者だって大変です。

自営業者じゃ、借金嵩んで自殺する人まで出てきた。

ご老人たちは年金は減らない、手間も増えない。朝からドラッグストアーに並んで、使いきれないほどのマスクやトイレットペーパーを買うために密集する始末。

 

そしてこの新型コロナ、40歳未満の死亡例なんてほとんどない。

重症化するのは老人ばかり。

 

いわば、ジジババの為に子供たちも若者もみんなで我慢しているわけですよ。

 

それなのによく子供たちや若者を批判出来るな・・と思います。

 

Twitterで何度か呟いたけど、3月のまだ緊急事態宣言の出される前のこの田舎の、だだっ広い芝生公園でサッカーをしていたら、老人たち3人組に「こんな時期に子供を外で遊ばせるな」みたいなことを言われました。

休校中のこどもたちと、その世話のために会社を休んだ私が言われたんです。

毎日遊んでいる老人たちに。

 

なんでお前らはいいの???死にたいの???って今考えたら言い返したいけど、そのときは何も考えられず、なにも言わずにじっと見ていたらどこかに行きました。

 

ホント、10万円の給付金だって、所得制限を掛けろ、とか公務員は寄付しろ、なんて議論が出てくる前に、一定額以上貰っている年金受給者こそ要らないでしょ?

一律給付のあと、毎月年金給付額を減らせば手間も変わらんし。

 

日本全体が「老人の、老人による、老人の為の社会」になってます。

企業も、中高年の給料は維持しながら若者は低い給料でこきつかわれている、という企業が多いですしね。

 

正直、老人はみんな揃って死んでくれって若者たちが言い出してもおかしくないですよ、この日本は。

 

だからもうちょっと感謝しろ、偉そうにすんな。

今まで我慢していたけど、老人こそ山でもマナー悪いし、ルールも守らないよ、ホント。

 

いい加減、老人だけ楽して、若い子を苦しめる社会は改善しましょう。

じやなきゃ、みんなまとめてコロナで死ね。

 

以上、「夫婦二人で年金20万円強で生活が苦しい」という報道をみてイラついて書いた記事です、ごめんなさい。