カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

筋肉の凝りを揉み解して取る、というのは案外良いかも知れない

インスタはヤバいな。

mixi無き今、若者ってどこのオンラインコミュニティで出会っているか、ってインスタなんだね。

そりゃあ顔がお互い見えるし、趣味なんかも一目で分かるから、初めから「気が有る同士」がお近づきになりやすいんだ。

なんでこんな簡単な事が分からなかったんだろう

 

ざっくりと逆光で夕陽を撮影しつつ後ろ姿をアップしたり、「雪山も余裕なオレ」的な画像アップしていればいいんだ。

段々と使い方が分かってきた。

 

ってのは冗談ですこんにちは。

 

さて、本題のランニングの話なんですけど、最近凄い気付いた事が有って。

 

足の裏とか、腿とか股間とか、凄い固い事有るじゃないですか?

で、その固いトコを揉むと凄い気持ち良い。

 

でも、

「トレーニング後は筋肉が炎症を起こしていて、助長するから揉んじゃダメだよ」

 

という様な事を聞いて以来、やっていなかったんですが、ここ最近、揉んだ方が良い事に気付きました。

 

勿論、私の場合、です。他の人の事なんか知ったこっちゃございませんよ(プンプン)。

 

例えば、土踏まずになんか凝りみたいなのがあって、鈍い違和感が有る時ってありませんか?

この凝りが残ったままスピード練習をしたりすると、私、軽故障したりするんですよね。

 

ずーっとゴリゴリやっていると、段々温かくなってきて、しまいには消えてしまいます。

 

同じように、腿とか腰とか股間とかも、ずーっと揉んでいると段々温かくなってきて、ゴリゴリが消えます。

 

で、ちゃんとその凝りを消してからトレーニングすると、疲れも溜まりにくいんですよね。

腿とか土踏まずは筋膜リリース的な何かか、あしつぼとか経絡秘孔的な何かなのは分かるんですが、股間はなんなんでしょうね?

ずーっと揉まれたりすると更に固くなるんですが、最終的にはフニャフニャになるんですよ。ホント不思議です。

 

昔、腸腰靭帯炎になった時に、フォームローラーとかテニスボールとか色々と試しました。

こんなヤツ。

確かに腿やお尻には良かったけど、汎用性が無いし、最終的には指で痛みや凝りを見つけて押していると、凝りを解す技術が身についていくのが分かるんですよね。

 

「ああ、この張りが出るとこのあたりに凝りが出ているはず・・・こうやって解すと良いんだよな」みたいなのが、段々上手になっていく事に気付きました。

 

結構上手になったと思うので、試してみたい20歳~50歳くらいの女性はご連絡下さい。

 

技術的にはそうなんですが。

人間の手って、不思議な力があると思います。

あ、宗教的なアレではないです。

 

たんこぶを覆ってあげるだけで、子供は痛みがやわらぐようですし、お腹が痛いときはさすってあげると安心して寝たりします。

まあ身体なんて、自分の脳みそに騙され続けて生きているんですから、さもありなん、といったところでしょうか。

 

「幼児の絆創膏万能説」というのがあって、切り傷は勿論、擦り傷、虫刺され、果てには打撲なんかにも絆創膏を貼るだけで痛みが和らぐようです。

小学生はスポーツドリンクを飲ませただけでやる気出しますしね。

これは血糖値的が上昇したりするのも原因かもしれません。

 

そういえば、去年の運動会は娘のお茶に粉飴を混ぜたら「全然疲れなかったよ!」と喜んでいました。

機能的にも効果が有ったのかもしれませんが、恐らくそれ以上に、スパシーバ効果が大きい様な気がします、ハラショー。

 

体のメンテナンスって大事だとは思うんですが、ソレ系の技術で、あまり好きではない物がいくつかあります。

鍼は痛そうだから嫌いです。

お灸は熱そうだから嫌いです。

整体も痛そうだから嫌いです。

ヨガも痛そうだから嫌いですけど、見るのは大好きです。ホットヨガとか行きたい。

普通のマッサージも、あまり好きじゃない。

普通のマッサージも。

 

オイルマッサージみたいなのは良いですよね。

あと時間が止まるヤツとかね。

個人的には電マとかも好きですねー。アレは相当効果ありますよ。

 

皆さんも色々なマッサージをして、輝かしいランニングライフを満喫してください。