カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

ジェルについて語る時に僕が語る事

私が初めてジェルを使ったのはいつだろう。

おそらく、まだ校庭で飲むコカ・コーラが世界一の飲み物だと思っていた学生の頃に、部活動という青春臭さをこれでもかと味わうジェットコースターの様な時間を終え、一日中鳴き続けたセミみたいにエネルギーを使い果たした後に飲んだウィダーインゼリー。

「悪いの?」「悪い。美味しくないよ。まるで部活帰りの夕立の様に、さっぱりだ。やれやれ。」と思ったのが最初だと思う。

 

やれやれ、村上春樹風にブログ書くとか難しいな、このアイデアやめだ!

 

因みに、ウィダーインゼリーはウィダーとブランドのライセンス契約が切れ、今は「INゼリー」として販売していますね。

徐々に変えてきたからわっかんねーよね。

ライセンス使用量がわりに合わなかったらしい。

そりゃそうだよね。今となっちゃウィダーブランドなんぞ、世界的にみてもパワーないんじゃないのか。

 

それからずっと経って、登山時にshotzとかを使い始めたのが、本格的な使用体験か。

使い始めた当時はとても重宝しましたが、コストと味の面で不満があったので、マルトデキストリンと好きなジュースとかで自分で調合してゲロみたいなジェル作っていました。

 

ランニングを始めてから、10時間とかの山行でもジェルのみ、とかをやってもみましたが、なんか具合が悪い。

ジェル、特にINゼリーみたいな水分の多い物ではなく、shotzとかのドロッドロのヤツは嘔吐感が出てくるんですよね。

なんか残ったヤツを洗面所に流していて思ったのですが、全然水で流れて行かないし。どこかにしつこく、くっつくんです。

ということは、アレって絶対に胃とか腸までの間でべっとりとくっついたりしてるよね

 

しかも単体だと、なんか書いてあるカロリー分、エネルギーになっている気がしない。

他の固形物と組み合わせるとそうでもないんですが。

 

軽量で高カロリーなのは良いのですが、飲めば水分が必要なので、結果的に重量は安いINゼリーとかと変わらないどころか、吸収しやすい分、水分多めの日常系ジェルの方が良いんじゃないか、とも思います。

私はレースでも半々で持っていきますね。

見た目、素人臭くなりますが。いいんです、走力ないし。

 

手がネバネバになる事多いしね、アスリート系のジェル。

アレが一番嫌い。

レースなんかだとめちゃくちゃゴミが落ちているのけど、拾う時に絶対に手についてネバネバする

 

日常系ゼリーは重いという欠点がある。アスリート系ジェルは嘔吐感が出る、ネバネバする、という欠点がある。

そしてどちらも数字よりずっと腹持ちが悪いという欠点がある。

 

これらを解決する補給食を考え付いたので、今、色々と試作品を作っています。

 

簡単に言うと・・・簡単には言えないわ。

もしとても具合が良ければ、どこかの工場で量産してみようか、などとも考え中。

今のところメリットとして

  • 腹持ちが超いい
  • タンパク質などの多様な栄養が摂れる
  • 単純に美味しい
  • 手が汚れない

デメリットとして

  • (shotzなどと比べて)重い
  • 見た目が悪い(ゲロみたい)

見た目はきっと作り方でどうにかなるかな。

もしそんなヤツを売り始めてもクレームとか入れるの止めて下さい。

やれやれ、炎上させるのはこのブログだけにしてね!