カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

デカトロンで話題の390円リュックなど高コスパ商品を買ってみた

8月のお盆休み前に行った、燕岳への親子登山。

 

 

その時、娘の登山用品をそろえる為に、デカトロンでケシュアの製品を色々と買いました。

キッズの登山ウェアは登山ブランドはどこも値段が非常に高く、コスパも本当に悪い。

そんな中、大人用ウェアよりもずっと安い値段で提供してくれるのがデカトロン。

親子登山を目指すパパママに取ってはありがたいです、デカトロン。

確かトランスフォーマーの敵の名前もそんな感じでしたよね。

あれはデカメロンか。

 

デカトロン、まだご存知ない方もいらっしゃると思いますが、EU最大級のスポーツショップチェーンで、オリジナル商品がコスパが非常に高いばかりか、専門的な商品まで低価格で販売しています。

クライミングやアルパインならsimonブランドを持っていて、これは皆さんご存知ですね。

 

とにかく多彩な品揃えで、しかも安い。

 

そしてついでに、今、超話題の390円リュックも購入してみました!

この390円ザック、実は子育て中のお母さま方に今大人気で、色々なところで見かけます。

人気の理由としてはその値段だけでなく、軽い、シンプル、サイズが丁度よいという事で、重宝されているようです。

 

まず見た目。

f:id:ultratrail:20190829040803j:image

確かにシンプルで、使いやすい。容量は公称10L、感覚としてはもう少し入る。

12Lくらいでしょうか。

しかしとにかく軽い。内側はウレタンコーティングされていますが、背面側はコーティング無し。ジッパーも止水ではないので、雨には弱いです。防汚程度のコーティングだと思えば良いでしょう。

また、ウレタンコーティングは必ず加水分解する事が多い為、ウレタンコーティングされたバックパックや衣類は、長期保管時は乾燥剤を入れてジップロックに入れるとかなりもちます。

加水分解したら重曹水でベタベタを取ってやると、まだ使いやすくなる。

 

話が逸れました。

こっちが背面。シンプルです。

紐の長さも結構変えられるので、子供から大人まで使えます。

サイズ感といい、軽さといい、値段と言い、子供が使うのに超向いていると思います。

f:id:ultratrail:20190829040810j:image

 

メインコンパートメントは内ポケットなど無し。

ペットボトルや雨具などは余裕で入ります。

丁度小さめのマザーズバッグくらいの感じで使いやすそう。

水筒、ハンカチ、オムツ、お尻ふきなんかいれてもまだ容量ある感じです。

登山なら山小屋に荷物をデポしての山頂アタック、というアタックザックに丁度良い。

f:id:ultratrail:20190829040814j:image

 

サブコンポーネントも立体裁断で、ちゃんと物が入ります。横からジッパーでアクセスするタイプです。
f:id:ultratrail:20190829040818j:image

まあ間違いなく390円なら買った方が良いです、コレ。

旅行に行った時やビジネス鞄の中に忍ばせておけば、万が一の際に使えるし。

トレラン用途でも、ウォーターボトルを搭載できるウェストバッグと併用すれば使えないこともないです。

 

他にもマストバイなのは、これ。

クローズドセルのマット180cm*50cm、210g片面アルミ?蒸着で940円。

f:id:ultratrail:20190829053019j:plain

 

他に80ルーメンのヘッドライト1190円。

f:id:ultratrail:20190829053028j:plain

 

特にマットのコスパは異常。クローズドセルのマットを持っていないのなら、たとえ近々テント泊の予定が無くても買っておくべき!

 

私は子供用の登山ウェアを大量に買いましたが、正直、品質は悪くないです。

コスパは相当高いですよ。

フリースやダウンなどの防寒系が特に良いです。

機能性は低いのですが、作りが簡単な分雑に扱え、軽くてそれなりに温かい。

あまり保温性が高すぎない方が、レイヤリングが簡単です。私のこどもは暑い寒いに敏感なので、重宝しました。

他にもレインカットジャケット(完全防水ではない)490円とか、可愛いし安いし。

作っている労働者がちゃんと給料もらえているのか心配になるレベルです。

 

また、登山以外でも超安いテントとかランニングウェアとか多々あって、しかもどれもコスパ高いわ。

 

デカトロン、超オススメです。