ロングトレイル~走ったり歩いたり登ったり~

より遠くの稜線まで、出来れば早く辿りつきたい

親子登山を機にピンチ缶(エマージェンシーキット)をアップデート。

エマージェンシーキットの事をピンチ缶と呼ぶ、古い山屋さんたちこんにちは!

私はピッチピチの若者ですが、本当に缶を使っているので、「ピンチ缶」の方がしっくり来て、ずっとそう呼んでいます。

 

私、ピンチ缶はわりとザックに突っ込んだままという事が多いです。

入れたり出したり繰り返すと、結構漏れたりするので。

 

あ、下ネタじゃないです。

これまでのピンチ缶はこんなのです。

f:id:ultratrail:20190812150707j:image

火にかけてお湯も沸かせられます。

しかしながら、親子登山にはポケットストーブを追加で持っていきたくて。

それなら、メスティンをピンチ缶にしてしまえ!と思い、詰め直しました。

 

メスティン。こいつはおろしたての奴。

f:id:ultratrail:20190812150721j:image

このメスティンに、エマージェンシーグッズを入れていきます。

 

芯なしのトイレットペーパーとガーゼ、その下に写っていませんが消毒シート。
f:id:ultratrail:20190812150745j:image

 

先代のヘッデン(ヘッドライト)。10年近く前の物なので暗いですが、正直暗いほうが照射外もうっすら見えるので、これくらいが良い様な気がしています。

f:id:ultratrail:20190812150750j:image

 

テーピングテープとロキソニンや抗生物質等。
f:id:ultratrail:20190812150754j:image

 

ニトリル手袋とティッシュ。

ニトリル手袋は防水グローブ替わりにもなりますし、他人の血液を触る時は必須らしいです。割いて包帯替わり。そのまま水袋にも。軽いのに重宝します。
f:id:ultratrail:20190812150800j:image

予備の電池とカミソリの片刃。カミソリの片刃はもしかしたら要らないかも。

しかし安心感はあります。
f:id:ultratrail:20190812150803j:image

エマージェンシーブランケット。アルミ蒸着シートです。安い物だと劣化する可能性もあるので時々チェック。
f:id:ultratrail:20190812150807j:image

 

そして今回追加した、ポケットストーブ(本物)と燃料3つ、そして使い捨てライター。
f:id:ultratrail:20190812150809j:image


これらを、ギュウギュウに詰めます。

f:id:ultratrail:20190812150736j:image

 

これであとはツエルトを持っていけば安心。

ただ、トレランに持っていくにはまあまあ重たいです。

エマージェンシー用途だと、ストーブは正直、温かいものを食べられる、飲めるという安心感しかないので、ソロの山行なら不要だと思っています。

その重さ分、非常食を持っていった方が利口かな、と。

 

しかし子連れの万が一の際を想像した時に、どうしても温かいものを子供に摂らせてあげたい。

それに火を熾せる、というのが暗闇の中でどれだけ安心できるか。

 

という事で、今後の親子登山(娘がまた行きたがれば、ですが)のデフォルト装備になりそうです。

 

合わせて読みたい

 

ultratrail.hatenablog.com

 

 

ultratrail.hatenablog.com

 

 

ultratrail.hatenablog.com

 

 

ultratrail.hatenablog.com