カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

トレイルランナーに簡易ツエルトをオススメしたい

ツェルトって知ってますか?

簡単に言うと、非常時に使う、簡易テントです。

非常用なので、薄い素材をウレタンコーティングしたものがほとんどで、嵩張らず、重量も重いものでも500g程度と、ザックの底に忍ばせるには最適なお守りです。

 

 

簡易テントと侮るなかれ。

これがあれば助かったのに・・という遭難事故は無数にあるそうで、行動不能になって、他力本願で助けを待つ中、この1枚の化繊の布が、雨風や直射日光からあなたを助け、生存率を高めてくれます。

 

それだけではなく!雨天時の一時避難、着替える為の雨宿り、更には見晴らしのよい場所での目隠しとしても重宝します。

女性にはある意味、緊急時ですもんね、お花摘みも。

念のため申し上げますと、お花摘みとはおトイレの事です。

 

また、最近ではウルトラライトのテントとして常用する方も増えていますし、何より、道迷いや悪天候での停滞時に、積極的にビバークすることで、リスクを回避し、また次の日の朝からリセットした計画を立てることが出来ます。

これが単独行だと、地味にリスクマネジメントとして、効果的だと思ってます。

 

 

そんな便利なツエルトですが、イマイチ所持率が低いです。

 

理由は、値段です。

高い!

こんなペラペラのウレタンコーティングナイロンが、8000円から20000円くらいします。

恐らくは一度も使うこともなく、気づいた頃にはウレタンが加水分解し、ネチャネチャ、ポロポロ・・なんてことになるのに、この値段は、高い。

私の10年前に買ったツエルトも、気を付けていたにも関わらず、ベタ付いてきています。 

 

自作すれば3000円もあればもっとよい素材で作れますが、面倒。

 

しかし!ツエルトを持たずに山に入る、というのは、いくら鍛え抜かれたトレイルランナーでも、危険じゃないか?とも思います。

 

足を怪我したら。折らないまでもひどい捻挫をしたら。

動けなくなった途端、トレイルランナーはただの軽装で薄着の登山者。

そんなときに、ツエルトが一つ有れば、風雨から身体を守り、生存確率もかなり上がるんじゃないかな、と。

 

しかし、高い!

そして、このツエルトというもの、トレランザックには、ちょっと大きい。

 

そこで私がトレイルランナーの皆様や、登山初心者の方にオススメしたいのが、「簡易ツエルト」です。

 

 


f:id:ultratrail:20190614151136j:image

これは簡易テントであるツエルトを、さらに簡易にしたもの。

とにかくお値段が安い!500円程度から手に入ります。

 

素材はただのアルミ蒸着PP(PETも存在)シートで、耐久性も低く、短辺は解放されています。

 

しかし、これ1枚と細引き(最悪釣糸でも可)さえ有れば、なんとか風雨と直射日光から守ってくれる、シェルターが出来上がります。

 

使い捨てで充分。万が一に対応してくれればいいんですから!

 

ただ一つだけアドバイスさせてください。

 

山の道具は山にもって行く前に試用するのがセオリーですが、これは止めておいて下さい。

 

一度広げたら、元の大きさには絶対に畳めません!