カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

ランニングと乳首と男性のナイーブな三角形の問題

f:id:ultratrail:20190518061900p:plain

ランニングを始めると、ほとんどの男性が戸惑う、「乳首擦り切れ問題」。

 

普段からのプレイで鍛えている少数派の方はともかく、多くのノーマルな男性は乳首が弱い。

どんなマッチョなお兄様であっても、乳首の弱さは赤子並みなわけですね。

 

そんな弱い乳首を、ランニング中はずっとシャツに擦られ続けるわけで、初めて20kmとか走ったりすると、擦れ過ぎて血が出てきたりします。

 

そこで初めて、まごまごしながら先輩ランナーに聞くんです。

 

「先輩・・・乳首の事で相談が有るんですけど・・・」ってね。

 

もしくは、現代っ子なら検索するでしょうね。

「乳首 擦り切れ ランニング」とか。

 

私は最後の日本男児なので、乳首の事は、他人になんか相談は出来ません。

色々と対策をしましたが、まず絆創膏。

 

これは擦り傷は確かに無くなるのですが、何度も貼ると、乳首周囲が少し炎症を起こしたりするので、ダメでした。

時々使うならオッケーでしょう。

 

ランニングTシャツを速乾性の高い化繊のものから綿に変えてみたら、多少はマシになりました。

しかしこれも、汗がすごい目立つし、汗を吸って重くなるし臭くなるしで、あまり良いものではないです。

 

結局、コンプレッション系のシャツに変えたら、乳首の痛み、擦れは無くなりました。

男性の皆さんはまさか人生で乳首の事で悩むとは思わなかったはず。

私もそうでした。

 

女性はどうしているんですかね?

今度、走っている女性に聞いてみます。

 

「乳首、どう?」と。

 

 

男性の乳首、大事ですからね。

・・・男性の乳首って何か役に立つのか?

 

 

まあいいです。

そしてここからが本題。

ランニングのインナーパンツ問題です。

インナーパンツと一体型のランパンは良いです。

そうじゃないランパンの場合、ランニングの為だけにパンツを一枚使うのは、洗濯物も多くなるし、あらぬ疑いを掛けられるし避けたい。

 

そこでパンツをはかずに、ランパンのみで走ってみたんです。

注:皆さん、絶対真似しないで下さい!

 

ナイーブな三角形の角が、擦れて血が出ました。

恐らくランパンの中で、私の暴れ竜が暴れっぱなしだったんでしょうけど、それにしてもその竜の頭やあごあたり、そして亀のクビがこすれて、大変な事に。

 

絶倫を誇る私にとっては致命的です。

 

 

すいません、誤りがありましたので訂正しお詫び申し上げます。

 

とにかく、インナー無しで走るのはまったくオススメしません。

 

私は、ドライナミックメッシュという、ミレーの出している登山用のインナーを履くことで、この諸問題を解決しました。

すぐに乾くので、洗濯に出しても嫌がられず。

こんなの。

 

ちなみに、登山ではこいつの上下で揃えると、圧倒的強者感が出て良いです。

 

私には絶対無理ですけどね!