カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

耐水ペーパーは必要なし!トランギアのメスティンのバリ取り

f:id:ultratrail:20190501120733j:plain

トランギアのメスティン、大人気です。

軽くて(TR210で150gほど)、丈夫で(へこんでも元に戻せる)安くて(定価2000円以下!)、お米が美味しく一合炊けると評判。

 

ただ、この炊飯器メスティン、問題ないレベルなんですが、バリが放置されて出荷されます。

押し出し系のプレスで作っていると思うんですが、アルミのバリは危険ではない為、恐らく研磨石ででシャーシャー程度で出荷しています。

刺さるほどのバリはこれで取れちゃうんです。

 

ただ、これ以上の手間をかけてバリを取ろうとすると、プロでも最終チェック合わせて30秒は掛かります。

私、そんなバイトを学生の頃やっていました。

1工程増えるだけでコストが数百円アップしますから、値段を考えたら仕方がない。

 

そこで皆さん、自分でバリ取りをするんですが、なんでか、バリ取りに全く向かないし面倒くさい耐水ペーパーをつかったバリ取りがデフィな様子。

しかし水つける、汚れる、無駄に削れる、耐水ペーパーに穴が開く、と、あまり良いやり方ではないはずです。

アルミのバリは、本当はリーマーでなでるか、バリ取り用の冶具を作ったりします。

 

でも、そんなの面倒なので、ドライバーの横っ面とか、適当な棒で押します。

それでできちゃいます。

 

動画を上げてみました。

 

動画の出来には目をつぶってください。

素人のオッサンの仕事なので!

 

コツは、引っかかるところは力を入れてバリを削るイメージ。そうでないところは押して撫でるイメージでやると滑らかになります。

 

シーズニングは、個人的には必要なし。

使っているうちに消えるわ、そんなもん。

という考えです。

 

そもそもメスティンごときよりも俺様の方がずっと臭いわ、ボケ(涙)。