カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

マウントレーニアに恋して

f:id:ultratrail:20190422170502j:plain

 

マウント・レーニア。

別名、タコマと言います。

周囲を回る150kmにも及ぶロングトレイルが人気で、毎年沢山の方が踏破します。UTMFみたいで、面白い行程ですが、この山の神髄は、やはり山頂を目指す、本格的な登山路です。

季節・天候によってはヒマラヤを超える難易度となり、これまでも数多くの方が亡くなって・・・って違うわ。

 

私が好きなのは、こっちです。

 

マウントレーニアが、好きなんです。

 

今週のお題「平成を振り返る」を見て、思いました。

私、平成の間、ずっとこのドリンクが好きなんです。

 

初めて飲んだ瞬間、子供ながらに戦慄を覚えました。

上質でまろやかな舌触り。香ばしく、奥の深い香り。これでもかというほどの圧倒的な甘さ。

子供の頃、私はひどく貧しかったのですが、正直言って、これ以上に美味しい飲み物を飲んだことがありませんでした。

 

否、現在までこれ以上に美味しい飲み物を飲んだことがありません。

 

東京に住んでいた頃飲んだ、日本一の誉れ高い、赤坂の某喫茶店のコーヒーよりも。

自分ではとても注文できない値段の、世界一と謳われた、あのワインよりも。

 

私はマウントレーニアが美味しいと思うんです。

 

はい、知ってます。

「あんなのコーヒー牛乳じゃねーか、コーヒーじゃねーよ」とか、

「アレはデザートだ、コーヒーじゃねーよ」とか、

「あんなクソ甘いもん飲んでたら糖尿病になるわ」とか。

 

社会の圧倒的多数派は、徹底的に我々マウントレーニア派を叩いてきます。

しかしですね。

 

私は貧しかった青少年時代も、無駄に羽振りの良かった東京での日々も、ランニングで30キロ走をした後も、登山で熊とにらみ合った後も。

 

私が飲んできたのはマウントレーニアであって、社会の多数派が礼賛するスタバのコーヒーでもなければ、専門店のコーヒーでもないです。

 

クソ甘くてそのあとドーナツ食べると甘さを感じなくなる、あのマウントレーニアなんです。

 

山に入る前、降りた後、飲みます。多分体にはよくないです。

なんならトレランのレースにも持っていきます。

 

来月の道志村トレイルレースで山中でマウントレーニアをちゅーちゅーしているオッサンがいたら、それが私です。

 

胸のドリンクホルダーにマウントレーニアが入っていたら、それが私です。

 

味?カフェラッテに決まっているじゃないですか。それ以外は邪道です(全部飲むけど)。