カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

素敵な音色の熊鈴を探す。トレラン向けの熊鈴ってなんだろうか?

突然ですが、私は昔、ナイトハイク中に熊とばったり出くわしたことがあります。

私が出くわした熊さんは、立ち上がって身長150cmほどでしょうか?女性よりもちょっと小さいくらいのツキノワグマでした。

それまで、「本気で戦えばツキノワくらい余裕っしょ!」なんて思っていましたが、無理ですよ、アレ。

実際に出会うと、威圧感ハンパない。そして逃げない。大声で怒鳴っても。

投げた拳大の石がたまたま当たったから逃げてくれたものの、あのまま逃げてくれなかったら、果たしてどうなっていたものやら。

それから私は、クマが超怖いです

ツキノワグマの大きいものは体長で150cmほどになるそうですから、立ち上がったら180cmくらいにはなるのではないでしょうか。

体長って、頭からしっぽの付け根までですからね。

180cmのクマと戦って勝てる人なんて・・・。いませんよね。

そこで得た教訓は、「クマにはタイマンでは勝てないよ」ということです。

ちなみにその時、熊鈴は持っていたのですが。おそらく強風だったため、音がかき消されたんだと思います。人間のにおいもね。

それ以来、「熊鈴意味ねーじゃん!」っと思って、持っていませんでした。

しかし、春先は人気の全くない低山に行くことが多く、静謐かつ無風の場所が多いので、熊鈴が有効なんじゃないか、と考えるようになりました。

熊鈴・・・。ベアベル?トレイルベルとか色々な呼び方があります。

とにかく、熊を避ける(避けてもらう)為の物ですが。

熊鈴が嫌いな人って多いですよね?かくいう私も、熊鈴、嫌いでした。

ガラガラチンチンと、あの音色はちょっと山には合わないだろう、と。

普通の登山者がつけているのは風情があっていいんですが、トレランで熊鈴すると煩いやろ、と。

だから今までトレランでは私は、獣の気配がしたら「コラー!」って叫んでました。

物凄い熊がいそうな雰囲気(見てなくても)を感じたら、「やっほーーーー!」なんかも。

声の大きさだけは自信があるので、これで逃げなかった獣はいません。前述の熊たんを除いて。

しかし、いくら人気のない山での事とはいえ、もし誰かがいたら驚かせてしまいますし、何より恥ずかしいです。

そこで、「音色のキレイな熊鈴ならつけてもいいかな」なんて偉そうに考えて、モンベルでトレランを想定して音色を検討してきました。

モンベル取り扱いの熊鈴一覧

トレッキングベル ラウンド

価格¥572【重量】38g

小さくて軽いし、走っても安定して音が出ます。音は小さめです。ただ、ガラガラとなって、いかにも「どけどけ!」という音色です。

f:id:ultratrail:20190405144016j:plain

トレッキングベル スクエア

価格¥762【重量】39g

同上。歩いていればなんてことはないのですが。

f:id:ultratrail:20190405144051j:plain

キーカラビナ ベルナスカン 5S

価格¥972【重量】21g

小さいですが音色は透き通っていてきれいです。少し甲高いし、着ける場所を間違えるとあまりならなかったり、振られてじゃまになります。

f:id:ultratrail:20190405144111j:plain

キーカラビナ ベルナスカン 5M

価格¥1,086【重量】37g

上の物の一回り大きいもの・・・なんですが、音色が非常に美しいです。ただ、やはり安定して鳴りません。また、音も大きいです。

f:id:ultratrail:20190405144127j:plain

トレッキングベル サイレント

価格¥1,834【重量】65g

音色は抜群に美しいです。風鈴を更に済ませたような。そして音も大きいのですが、振られやすいです。どこかのOEM?ワンタッチ消音機能付きで便利。

f:id:ultratrail:20190405144146j:plain

検討した結果、キーカラビナ ベルナスカン 5Sにしました。

f:id:ultratrail:20190405144111j:plain

理由はやはり音色。小さい音ながらも音色が澄んでいて耳障りじゃないです。また、重量も軽く、音を消したい時もどこかのポッケに入れるだけなので、さほど手間でもないと考えたからです。

これで一人大声をあげながら走る必要が無いと思うと、嬉しいです。