カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

それでも僕はアシックスが好き

酔っぱらって書いています。

あしからず。

アシックスは若いころから、青少年の憧れでした。

ちょっと高くて、高機能。それがアシックス。

サッカーブームの頃はアディダスに一時食われるも、サッカー少年はアシックスに帰って着ました。

バスケブームの時も、ナイキに圧倒的にシェアを奪われるも、やはりバスケ小僧たちは今日、アシックスを履いてコートに立ちます。

そしてランニングシューズ。

アディダスのブーストに押され、巻き返すと思いきや、現在、ナイキの厚底に徹底的に痛めつけられました。

アディダスのブーストは長距離を走っても筋肉疲労が少ないし、ナイキのヴェイパーフライはやっぱ早いです。

箱根ランナーやトップマラソンランナーだけでなく、市民ランナーですらアシックスのシェアが低くなっています。

私がランニングを始めたころは、まだアシックスが優勢でした。

そう、憧れのターサージール(など)。

アシックスの靴はダメなの?遅いの?疲れるの?

そんなことは絶対ありません!

ゲルカヤノ。GT2000。ターサージール。スカイセンサー。ライトレーサー。ゲルフジ。

あげればきりがないほどの名作シューズ。しかも現行。

アシックスを履くと、地面を掴める。

「オレの足で前に行く」という感覚になります。

これは、ブーストやヴェイパーにはないのでは?

あとあれだ。なんだ。あれだ。とにかくアシックスが好きなんだ。

初心者だった私が憧れたのは厚底のシューズを履く颯爽としたランナーではなく、ターサージールを履いたクソ早いハゲ親父だったのだから

だから頑張れ、アシックス。負けるな、アシックス。きっともっと革新的な、世界中のランナーが「厚底wwww男はアシックスだろwwww」というような靴を作って下さい。

それまで僕は、ターサージールでアスファルトを走る。