カモシカロングトレイル

トレイルランニング・登山・マラソンの雑記。頭のちょっと変な人用。

トレランやファストパッキング向けのストーブの比較と考察

トレランやファストパッキングに限らず、荷物は軽いほうが良い。

ただ、使い勝手も重要。

トレランだと、小屋泊や日帰りの方がほとんどだと思いますが、テント泊の「山を征服している感(勘違いも甚だしい)」も捨てがたい。

小屋泊でも熱源を持っていくと安心だし、山行中に温かい飲み物を飲める、というのは、なかなか良いものです。

 

しかしながら、ストーブやクッカーは、通常重たくて当然。1kg近くになるのも普通です。

これは通常の登山であれば、私は無視する重さですが、トレランの場合は、少しでも足へのダメージは減らしたいし、そもそもトレランザックの容量的に、ガスバーナー&コッヘルセットというのは無理があります。

 

そこで、あえてトレランにストーブやバーナーの熱源を持っていくなら、を考えたいと思います。

ガスバーナー

ガスバーナーの場合、必然的にOD缶になると思いますが、これ自体は重さは変わりません。最も小さなOD缶で、110g入りの缶で約200gというのが、絶対に必要な重量。

 

 

その他、バーナー部分ですが、キャンプ用だと200gはするものも、登山用だとかなり軽量なものが出ています。

 

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

 

 

プリムスのもので100g程度、

 

 

ソト マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスターに至っては67gと、信じられない軽さ。

OD缶と合わせても、300g程度なら、トレランにも持っていけるレベルです。

燃焼時間も、満タンならちょい料理3食程度は持ちます。

アルコールストーブ

火力は低いが、軽量性や、独特の趣で、ソロキャンプに大人気のアルコールストーブ。

これはエバニューのチタン製で30g程度。

 

 

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ EBY254

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ EBY254

 

 

そうでなくとも、100g程度と、かなり軽量のものが一般的。

 

trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25

trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25

 

 

ただ、燃料のアルコールを50g程度、それを100均などの化粧水用プラボトルに入れて70g程度。

 

チタン製アルコールストーブなら合計100g程度で熱源を確保出来ます!

 

エスビット

そしてやはり定番と言えるほどファストパッキングで人気なのが、エスビットのポケットストーブです。

 

 本体84g、固形燃料が一個4g(ミリタリー14g)と、パッキング重量で120~150g程度となります。

なにより、スペースを取らないので、かなりパッキングしやすく、トレイルランナーにとってもとても使いやすい熱源です。

まとめ

軽量シングルガスバーナー 軽量性△ 省スペース× 火力〇 コスパ×

アルコールストーブ(チタン) 軽量性◎ 省スペース〇 火力△ コスパ×

エスビット         軽量性〇 省スペース◎ 火力× コスパ

 

結果としては、一式1200円程度で、かつパッキングサイズが抑えられる、エスビット&固形燃料が、トレランには向いていそうです。